カテゴリー: スキル系設定

援護射撃モードの設定

フィーリルまたはバニルミルトは、遠距離からスキルのみで戦闘する援護射撃モードで戦うことが出来ます。
ShootingModetrueにすると、戦闘は常に射撃状態となり、ムーンライトまたはカプリスのみで戦います。

このモード中、ホムンクルスは遠距離からのスキル攻撃(ムーンライト、カプリス)を約2秒間隔で連打し、
また敵に接近されない限り移動しません。使用するスキルのLvは、ShootLevelで設定します。デフォルトは3です。

EscapeOnShootingtureの時は、敵に接近された場合主人からPatrolRangeの値だけ離れた距離を範囲とし、
指定の退避パターンに従って逃げ回ります。PatrolRangeのデフォルトの値は3、退避パターンは8の字です。
ターゲットを擦り付けやすい敵の場合は、主人にターゲットを移すことが出来るでしょう。
退避パターンはPatrolPatternで設定します。この設定値は、旋回ダンスのRondoPatternの値に対応しています。
したがって、デフォルト値は6になります。 

この状態は、SPが使用スキルの消費SPより低くなるか、
主人との距離がOnBattleDistanceの値より離れてしまった場合に自動的に解除されます。

「射撃状態に関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
ShootingMode = false     trueにすると射撃状態で戦闘
ShootLevel = 3        使用するスキルのレベル(固定)
EscapeOnShooting=true     敵に接近されたら逃げるか否か
PatrolPattern = 6       敵から逃げる時の旋回パターン
PatrolRange = 3        敵を攻撃するときに取る距離
カテゴリー : AI機能, スキル系設定, 戦闘系設定 タグ : , , , ,

オートスキルレベル調整

オート攻撃スキルの使用レベルはSetSkillLevelで設定しますが、Mob.luaの平均戦闘時間データを元に、
敵ごとにオートスキルのスキルレベルを動的に変化させることが出来ます。
戦闘データが無い対象にはSetSkillLevelの数値をそのまま使います。

スキルレベルの自動調整をONにする場合は、オートスキルに関する変数カテゴリ内のAutoAdjusttrueにしてください。
調整の判定は、AS_threshold という配列内の数字で行います。配列内の数字と対象の敵の平均戦闘時間を比べ、
当てはまるところに対応したレベルをオートスキルでの使用レベルとします。

デフォルトではAS_threshold = {1500, 2000, 3000, 4000, 5000} このように設定されているので、これを例に説明します。
この設定で自動レベル調整をするとき、対象の平均戦闘時間が1500ミリ秒(1.5 秒)未満の時は、使用レベル0を返し、
オートスキルを使いません。1500ミリ秒以上2000ミリ秒未満の時には、オートスキルのレベルは1に調整されます。
更に、2000ミリ秒以上3000ミリ秒未満の時はレベル2を、3000~4000未満でレベル3、4000~5000未満でレベル4、
それ以上はレベル5を使用するようになります。

下記変数群は、AI本体での初期定義に使用する変数です。
設定エディタを使用する場合、スキルごとにこれらの設定を行えます。

「オートスキルに関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
AutoAdjust = true     スキルLv自動調整使用するか否か
AS_threshold = {1500, 2000, 3000, 4000, 5000}   調整用の閾値設定

AS_threshold[1] 以下     Lv0(使用しない)
AS_threshold[1]~[2]     Lv1
AS_threshold[2]~[3]     Lv2
AS_threshold[3]~[4]     Lv3
AS_threshold[4]~[5]     Lv4
AS_threshold[5] 以上     Lv5

平均戦闘時間のデータ無しの時  SetSkillLevelで設定したレベル 
カテゴリー : AI機能, スキル系設定, 攻撃スキル設定 タグ : , ,

初撃スキル攻撃設定

戦闘の最初に100%確率でスキル攻撃をしかける設定です。
ただし、オートフリットムーブなどによるディレイや、直前の戦闘で使ったムーンライトなどのディレイが残っている
場合は初撃でスキル攻撃することは出来ません。
この機能は、デフォルトではOFF(false)になっています。

スキル使用に関する変数カテゴリ内のFisrtAttacktrueにしてください。
この時に使用するスキルのレベル設定も可能で、FA_SkillLevel1~5の数値を入れてください。
デフォルトでは1になっています。

また敵に接近する前に初撃スキルを遠距離から撃つことも出来ます。アクティブ時の横殴りなどを考慮して、
デフォルトではオフ(false)になっています。
FA_OnChasetrueにすれば、遠距離初撃スキルを使うようになります。

「オートスキルに関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
FirstAttack = false       初撃スキル攻撃を使用するか否か
FA_SkillLevel = 1         初撃スキルのスキルレベル
FA_OnChase
= false         接敵前に初撃スキルを遠距離から使用
カテゴリー : AI機能, スキル系設定, 攻撃スキル設定 タグ : , ,

オート攻撃スキル

戦闘中、残りSP量や敵の数に応じた確率で、ムーンライト(カプリス)を自動使用します。
SP量が多いほど使用確率は高く、AutoSkillSPLimitで指定したSP%以下ではスキルの自動使用は行いません。

基礎確率はAspBaseの値で%指定し、そこへ 
(ホムSP / ホム最大SP)^AspExponential * AspCoefficient の値の確率が上乗せされます。

デフォルトではAspBase0で、SP20%以下ではスキルを自動使用しません。
AspBaseの値を上げれば基礎発動率が高くなりますが、高すぎるとすぐにSPがなくなりますので注意してください。
AspExponentialは指数になります。AspCoefficientは係数ですので、0にするとSPによる確率変動が
追加されなくなります。常に固定値の発動率にしたい場合は0にしてもいいと思います。

オートスキル発動率計算式
発動率 = 
AspBase+ Mob別追加発動率 + 条件追加発動率 + ( SP / MaxSP ) ^ AspExponential * AspCoefficient

下記変数群は、AI本体での初期定義に使用する変数です。
設定エディタを使用する場合、スキルごとにこれらの設定を行えます。

「オートスキルに関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
AutoAttackSkill = true    自動攻撃スキルを使用するか否か
AspBase= 0          自動スキル最低発動確率%(+残りSPにより変動
AutoSkillSPLimit = 30     指定%のSP以下ではオートスキルを使わない
SetSkillLevel = 5        使用するスキルののスキルLv(1~5で設定
AspCoefficient = 10 SP依存のAS確率計算式の係数
AspExponential = 2 SP依存のAS確率計算式の指数

カテゴリー : AI機能, スキル系設定, 攻撃スキル設定 タグ : ,
top