敵別対応設定操作(Mob.luaデータ系)

敵ごとに索敵に関する条件や、対応などの個別設定をする操作です。
これらのデータはMob.luaに保存されます。
総合ツールのMob設定エディタを使えば、ゲーム外でもこれらの設定を編集することができます。
複雑な操作の場合は、エディタの利用をお勧めします。

無視する敵・逃げる敵を登録

無視設定

ホムンクルスの索敵条件から除外するMobのリストに指定Mobを登録できます。
ホムンクルス自身がAlt+Tによる休息状態の時にAlt+Shift+対象右クリックで、対象がMobならばリストに登録する
ことができます。登録されると、ホムンクルスは主人の1マス西に移動して合図します。
これにより登録されたMobは以後、能動的(アクティブ)にターゲットされません。
しかし、索敵条件の「主人がターゲットしている敵」や「友達がターゲットしている敵」などには適用されません。
つまり、例えば主人が自分から攻撃した敵に対しては無視登録があっても一緒に攻撃します。

完全無視設定

完全無視設定も可能です。完全無視の場合は上記例の主人の攻撃にも反応せず、本当に一切何もしません。
視設定登録されているMobに無視設定と同様の登録操作を行うことで実行されます。
完全無視に登録されると、ホムンクルスは主人の1マス北に移動して合図します。

逃げる敵

更に、完全無視の敵に同じ登録をすると逃げる敵として登録します。
逃げる敵とは、ホムンクルスがターゲットされる限りその対象から逃げ続ける相手のことです。
戦闘条件が成立する状況で、この対象に登録された相手が居る場合はその敵に対して主人の後方へ移動します。
主人がターゲットを取れば退避行動をやめて、攻撃を再開します。
逃げる敵であっても、ターゲットが自分ではない限りは攻撃に参加します。
また、戦闘が開始されない状況など(索敵条件に合わない、 Alt+Tによる休息状態である等)の場合は、対象の敵に
ターゲットされていても行動しませんのでご注意ください。
この登録が成立するとホムンクルスは主人の1マス南に移動して合図します。


通常の設定に戻したい場合は、逃げる敵まで登録が進んでから再度登録操作を行うと解除されます。
解除が成立すると、主人の1マス東へ移動して合図します。

したがって、ホムンクルス自身がAlt+Tによる休息状態の時にAlt+Shift+対象右クリックという操作を繰り返すと
無視→完全無視→逃げる→ 通常→無視→・・・」という風に順番に切り替わっていきます。
(ホムンクルスは西→北→南→東→・・という合図をする)

先制攻撃する敵を登録

HalfActivetrueの時に、先制攻撃をしかける対象Mobを登録します。
登録したい対象MobをShift+Alt+右クリックすることで登録できます。
解除したい場合は、同様の動作をもう一度行うことで登録リストから削除されます。
登録が成立すると、主人の周囲を小さく旋回して合図し、解除の場合は主人の1マス右へ移動して合図します。
この登録を行わないと、HalfActivetrueにしても意味がありません。

前述の無視する敵と登録方法が酷似していますので、ご注意ください。どちらに登録するかは
Alt+Tによる休息状態であるかどうかの違いになります。
カテゴリー : AI機能, 操作系設定 タグ : , , , ,
top