カテゴリー: 移動系設定

戦闘中、敵や主人と座標が重なった場合は移動する

戦闘中にセル重複を回避し、PPなどを当てやすくします。
バースリーやドリアードなどのウェブ攻撃で移動不可になっている時は、移動不可状態を判別して
セル重複していてもそのまま攻撃を続けます。

残念ながら仕様上アイテムとの重複を避けることは出来ません。
この機能のはデフォルトではオン(true)になっていますが、HateOverlapをfalseにすればオフにすることも出来ます。
また、その時移動するセル数もAwayStepで設定可能ですが、あまり長い距離を指定してもすぐに攻撃動作に戻るため
あまり意味はありません。

デフォルトで「主人に対してターゲット中の敵の後ろ側」に向かって移動します。また、絶対座標移動も可能です。
この切り替えはAwayTypeで指定します。デフォルトの相対座標移動は1、絶対座標移動させる場合は0にしてください。
また、絶対移動の時は東>南>西>北の優先順位での移動ですが、これもある程度変更できるようになりました。
AvoidDirectionの配列を変更することで、東西南北だけでなく斜め方向も含めた8方向への移動を好きなだけ指定できます。
デフォルトでは従来どおりの動きになっていますが、例えば
AvoidDirection = {{x=-1,y=0},{x=1,y=0},{x=1,y=0},{x=0,y=-1}} 
と変更すると西>北>東>南の優先順位で移動するようになります。
また斜め方向は{x=1,y=1} が北東、{x=-1,y=-1} が南西といった指定になります。
この変数の指定はややこしいので、よくわからなかったらあまり触らないほうがいいです。

「座標重なり回避に関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
HateOverlap = true     セル重なり回避をするか否か
AwayStep = 2     重なり回避する時の移動セル数
AwayType = 2     重なり回避する時の移動セル数
AvoidDirection = {{x=1,y=0},{x=0,y=-1},{x=-1,y=0},{x=0,y=1}}  移動ベクトル指定
カテゴリー : AI機能, 移動系設定 タグ : , ,

フック移動

攻撃開始時に主人と離れている場合、攻撃対象のターゲットが自分自身に移ったとき、
主人の1マス隣まで戻って一時的に待機します。
敵が寄ってきて攻撃射程内に入ると戦闘を再開します。
ホムンクルスがアクティブ状態のときにこのモードをオンにすると、いわゆる釣り動作をすることが出来ます。

この動作は、戦闘がキャンセルされない限り一体の敵に一回だけ発動するようになっています。
また、追跡時から自分をターゲットしている=遠距離攻撃の敵に対しては発動しません
(特定の条件で発動することはありますが、しばらく待てばこの状態はタイムアウトするため、復帰します)。 
デフォルトではこの動作はオフ(false)になっています。HookShot を true にするとこの機能を利用することが出来ます。

「フック攻撃に関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
HookShot = true     敵をフックするか否か
カテゴリー : AI機能, 移動系設定 タグ : , , ,

サーチング

予め指定した種IDを持つオブジェクトが画面内(13セル以内)にある時、そのオブジェクトを探し出して
その周囲を旋回させる機能です。該当するオブジェクトが複数ある場合は、最も近い位置にあるものを対象にします。

マップ上で見分けが付きにくいものなどをホムンクルスに探させるための機能です。
IDはTargetObjectsに配列で指定します。デフォルトではフキダシとカプラ・グラリスが入っています。
基本的にIDを持つものなら何でも探すことが出来ます。草・キノコや、特定の職業も探索可能です。
ホムンクルスの場合は一部プレイヤー職業とIDが被っているため、IDに6000を足して書き入れてください
(例:原種未進化リーフ=6001,亜種進化フィーリル=6015)。
この機能は行動系カスタマイズによって割り当てられているので、無効にしたり他条件に割り当てることも出来ます。
デフォルトでは「自分の居るセルをAlt+右クリック」で実行します。

種類ID参考:AI機能比較表/AI資料/ID

「サーチングに関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
TargetObjects = { 111 , 113 } -- 探索するID
カテゴリー : AI機能, 移動系設定 タグ : , ,

追従に関する設定

ホムンクルスが主人を追従するとき、目標とする距離を設定できます。
ChaceDistanceが1のときは主人のすぐ後ろに、2の時は1マスあけた位置で停止します。
0にすると主人の座標を目標にしますが、セルの重なりにより結局弾かれますので、
隣接セルのどこかに留まることになると思います。
デフォルトでは2になっています。

また、追従時の移動目標点を左右にずらす設定も可能です。
ToOwnerSideの値で、主人の進行方向に対して右または左にずれて追従します。
この値は1のとき進行方向に対して右、-1のとき左にずれます。
例えば、ChaceDistance0ToOwnerSide1に設定すると、主人のすぐ右隣に移動するようになります。

「等速追従に関する変数」カテゴリ内、以下の変数によって設定。
ChaceDistance = 2       主人を追従するときに取る距離
ToOwnerSide= 0       追従点をずらす設定
カテゴリー : AI機能, 移動系設定 タグ : ,
top